FANDOM


//Continuation from May 25//

【瑛里華】「あら」

Erika: "Oh."

【孝平】「お、副会長」

Kouhei: "Ah, Vice President-"

【孝平】「のドッペルゲンガー」

Kouhei: "-'s dopple ganger."

【瑛里華】「本人だからっ」

Erika: "Hey, I'm the real thing."

【孝平】「買物かなんか?」

Kouhei: "You're going shopping?"

【瑛里華】「監督生室で飲む紅茶を買いに来たのよ」

Erika: "I'm just here to buy black tea for the Director's Room."

【瑛里華】「購買じゃティーバッグしか売ってないでしょ?」

Erika: "Because you can only buy tea bags at the school store."

副会長の持っている袋をちらっと見る。

I look at the bag she's holding.

紅茶を買ったにしては、大きいような。

For black tea, it's huge.

【孝平】「そんなにたくさん買ったのか?」

Kouhei: "You bought that much?"

【瑛里華】「……せっかく紅茶買ったから、それに合うケーキを買ってみたの」

Erika: "...Well I bought black tea, so I also bought a cake to go with it."

【瑛里華】「ほら、紅茶とケーキって切っても切れない関係にあるから仕方なく、ね」

Erika: "Because you see, black tea and cake go hand in hand together."

【孝平】「副会長ってほんと甘いもの大好きだよな」

Kouhei: "Wow, you really like eating sweet things huh."

【瑛里華】「なっ……」

Erika: "Wha...!"

例によって、少し赤面する副会長。

As usual, she blushes slightly.

【孝平】「甘い物と言えばさ」

Kouhei: "Talking about sweet things."

【瑛里華】「何よ」

Erika: "What is it now?"

ほんの少しだけ頬を膨らませて、上目づかいで俺を見る。

She says, staring at me while sulking.

からかわれると思ったんだろうか。

She's probably thinking I'm teasing her.

【孝平】「司から聞いたんだけど、最近、新しいケーキ屋がオープンしたんだってさ」

Kouhei: "I heard this from Tsukasa, but apparently a cake store opened just recently."

【瑛里華】「初耳ね」

Erika: "Oh really?"

【孝平】「そこのオリジナルバーニングケーキってのが絶品らしい」

Kouhei: "Apparently their original vanilla cake is a masterpiece."

【瑛里華】「……む」

Erika: "...!"

ごくり。

I swear I heard a gulp just now.

副会長の喉が鳴り、目が輝きを増した気がした。

Is it me or does her eyes seem more radiant than before? //changed the words slightly to improve the flow.

【孝平】「えーっと、行ってみるか?」

Kouhei: "Umm, do you want to go have a look?"

【瑛里華】「場所はわかるの?」

Erika: "Do you know where it is?"

【孝平】「一応、聞いてある」

Kouhei: "I asked, just in case."

【瑛里華】「仕方ないわね、つきあってあげるわ」

Erika: "I guess there's no helping it, I'll just have to go with you."

すごく嬉しそうに言った。

She says, looking estatic.

波の音が聞こえる。

I can hear the waves.

二人でベンチに座ってうつむいていた。

The two of us sit down with our heads drooped.

【瑛里華】「……苦くて、ざらざらしてたわ」

Erika: "...It was so bitter and rough."

隣に座る副会長が、しょんぼりしたまま呟いた。

Muttered the depressed Vice President, sitting next to me.

【孝平】「ああ……」

Kouhei: "Yeah..."

【瑛里華】「表面が焦げてる時点で、おかしいと思ったのよ」

Erika: "I thought it'd be great when I saw the crisp surface."

【瑛里華】「バーニングにも限度があるわよね……」

Erika: "Guess there's a limit to how burnt a cake is..."

ケーキの味を思い出したのか、眉根を寄せて言った。

She says, frowning, while remembering the taste of the cake.

【孝平】「すまん……」

Kouhei: "Sorry..."

【瑛里華】「いいのよ、支倉くんのせいじゃないし」

Erika: "It's okay, it's not Hasekura-kun's fault."

【瑛里華】「ああいうケーキもあるんだって勉強になったから」

Erika: "Now I know that such cakes like that exist."

【孝平】「あんなに大人向けな物だと思わなかった」

Kouhei: "I didn't even know there was much a mature taste."

【瑛里華】「大人になっても食べたくないわ」

Erika: "Even if I were an adult I wouldn't eat that."

【孝平】「俺もだ」

Kouhei: "Same here."

なんで司はあれを紹介したんだ。

Why did Tsukasa even bring up that place?

あいつの味覚だとうまいのか?

Perhaps it was nice to his taste buds?

【瑛里華】「まだ、口の中がじゃりじゃりするわ」

//Not sure how to put into nice english.

【瑛里華】「ジュース買ってくるけど、いる?」

Erika: "I'll go buy some juice, do you want some?"

【孝平】「あ、俺も行こうか?」

Kouhei: "Ah, I'll go as well."

【瑛里華】「いいわよ、ゆっくりしてて」

Erika: "It's alright, just stay here."

【孝平】「じゃあコーヒーをお願い」

Kouhei: "Okay then, I'll just have a coffee."

【瑛里華】「よく苦い物を飲む気になるわね」

Erika: "You still want to drink something that's bitter?"

【孝平】「缶コーヒーは甘いぞ」

Kouhei: "Hey, canned coffee is sweet."

【瑛里華】「ふうん」

Erika: "Hm~"

【瑛里華】「じゃあ、行ってくるわね」

Erika: "I'll be back!"

副会長が立ち上がり、スカートを風になびかせながら歩いていく。

The Vice President stands up and walks off with her skirt fluttering in the wind.

【孝平】「確認しとくか……」

Kouhei: "I'll just make sure..."

携帯を取りだし、司にかける。

I take out my mobile phone and call Tsukasa.

【司】「おう」

Tsukasa: "Hey."

【孝平】「今大丈夫か」

Kouhei: "Are you free?"

【司】「まあな」

Tsukasa: "Yeah."

【孝平】「お前の紹介してくれたケーキ屋に行った」

Kouhei: "I went to that cake shop you were talking about."

【孝平】「そしてバーニングケーキを食べた」

Kouhei: "And I tried that vanilla cake."

【司】「一人でか?」

Tsukasa: "By yourself?"

【孝平】「……」

Kouhei: "..."

【司】「二人か。それは悪かったな」

Tsukasa: "I see, you were with someone else. Sorry."

【孝平】「知ってて紹介したな?」

Kouhei: "You knew and still recommened it to me huh."

【司】「あの味を知ってもらいたかっただけだ」

Tsukasa: "I only wanted to know what the taste of it was."

【孝平】「できれば一生知りたくなかった」

Kouhei: "I don't even want to remember that taste in my life."

【司】「本屋の右隣り、地下2階に行け」

Tsukasa: "On the right of the bookstore, go to the second basement floor."

【司】「連れがいるなら詫びにもなる」

Tsukasa: "It'll serve as an apology if the person you were with is still there."

【孝平】「ケーキ屋か?」

Kouhei: "It's a cake shop?"

【司】「ああ。俺が知ってる中じゃ、一番うまい」

Tsukasa: "Yeah. Amongst the ones I know, it's the best."

【孝平】「わかった」

Kouhei: "Got it."

通話が切れた。

I end the call.

【瑛里華】「はい、コーヒー」

Erika: "Here's your coffee."

いつの間にか、副会長が戻ってきていた。

Before I even realised, the Vice President had come back already.

冷たいコーヒーを手渡される。

She hands me the cold can of coffee.

【孝平】「サンキュ」

Kouhei: "Thanks."

【孝平】「なあ、副会長」

Kouhei: "Hey, Vice President."

【瑛里華】「ん?」

Erika: "Hm?"

【孝平】「まだケーキ、食べられるか?」

Kouhei: "Still up for cake?"

【瑛里華】「さっきみたいなのじゃなければね」

Eriak: "As long as it's not like the one we just had."

【孝平】「じゃあ、口直しに行こう」

Kouhei: "Well, let's go have a better one."

司の紹介してくれた店でケーキを食べながら、副会長とずっと話をしていた。

While eating the cake from the shop Tsukasa recommended, I talked with the Vice President for a long time.

二人で店を出ると、外はもうすっかり暗くなっていた。

When we left, it was dark already.

【瑛里華】「これぞケーキって感じだったわね」

Erika: "That's what cake is supposed to taste like!"

副会長が嬉しそうに言う。

Says the Vice President happily.

【孝平】「なあ、寮の門限って何時だっけ?」

Kouhei: "Hey, what time was the dorm curfew again?"

【瑛里華】「21時よ」

Erika: "9pm."

時計を確認する。

I check my watch.

20時45分。

8:45pm.

【孝平】「やばい、走らないと間に合わないぞ」

Kouhei: "Crap, we might not make it in time."

【瑛里華】「行きましょ」

Erika: "Let's go."

言うが早いか、俺の手を取って走りだす。

As soon as she says that she takes my hand and starts to run.

そして一気に加速。

She speeds off at a frightening pace.

【孝平】「む お お お お ぉ ぉ ぉ」

//I'll leave this for someone else to figure out.

【瑛里華】「ぎりぎり、間に合ったわね」

Erika: "Looks like we just made it!"

【孝平】「ぐ、はっ、ひ、はっ」

Kouhei: "Ah, uh, ugh..."

酸素、酸素をくれ。

Oxygen...need oxygen.

【瑛里華】「だ、大丈夫? 速すぎた?」

Erika: "A-are you okay? Was that too fast?"

【孝平】「いや、でも、あれだ……」

Kouhei: "No...it's just that..."

副会長は、途中から俺に合わせながら走ってくれた。

The Vice President actually slowed down to match my speed after a while.

しかし、それは俺の全力疾走のスピードであるわけで。

But that was actually my full sprinting speed.

【孝平】「ただの、体力不足、だ」

Kouhei: "I'm just...a bit...unfit"

【瑛里華】「そうは見えないけど……」

Erika: "Hm, I don't think so."

【孝平】「余裕だ、余裕」

Kouhei: "Don't worry I'm fine, I'm totally fine."

男には意地があるのだ。

Guys should have unbreakable will power.

背筋を伸ばして、なんでもない風を装う。

I stretch my body and pretend as though it were nothing.

【瑛里華】「意地張ることないのに」

Erika: "You don't need to act tough, you know."

副会長が口許を押さえて、おかしそうに笑った。

The Vice President lets out a laugh while trying to cover it with her hand.