FANDOM


//Continuation from September 15//

屋敷が実在するのかいい加減不安になってきたころ、唐突にそれは現れた。

歴史の教科書に出てきそうな、古びた洋館だった。

壁面が月明かりに照らされ、ほの明るく光っている。

庭木はきちんと手入れされているから、人はちゃんといるようだ。

だが、夜にもかかわらず明かりはついていない。

【孝平】「……」

瑛里華は、ずっとここで生活してきたという。

いったいどんな毎日を送ってきたのだろう。

少なくとも、笑顔に溢れた生活ではない気がする。

そんなところに、また瑛里華を閉じこめさせるわけにはいかない。

地図を開き、裏手にあるという建物を目指す。

建物はすぐに見つかった。

その大きな建物は平屋建てで、手入れが行き届いている。

温泉地の高級和風旅館のようなたたずまいだが、漂う緊張感は旅館とはほど遠い。

悪寒をともなう汗が、じっとりと浮かんでくる。

行くしかない。

小さな門をくぐり建物に近づく。

玄関の戸に呼び鈴はない。

鍵はかかっておらず、戸は簡単に開いた。

【??】「お上がり」

名前も尋ねられず、突然家の奥から声がした。

予想以上に若い声だ。

高圧的な雰囲気もさほどない。

【孝平】「失礼します」

そこは広い和室だった。

お香だろうか、甘い香りが漂っている。

【??】「お座り」

部屋を仕切る御簾の奥から声がした。

奥のほうがこちらより暗いせいで、姿はほとんど見えない。

【孝平】「はい、失礼します」

部屋の中央に正座する。

【孝平】「はじめまして、支倉孝平といいます」

【孝平】「あの、瑛里華さんのお母さんですか?」

【??】「そうだ」

【??】「瑛里華が世話になったようだな」

【孝平】「いえ、こちらこそお世話になりっぱなしでした」

今のところ特に悪い印象はない。

ただ、俺の来訪を知っていたような雰囲気がある。

【??】「して、用件は?」

【孝平】「はい……」

//Switch to Erika's POV//

なんだろう。

戸が開く音がした。

あの人がいる、離れの戸の音だ。

こちらに用があるのか?

だとすれば、数年ぶりの快挙。

常識的に考えれば……来客。

兄さんか、

征一郎さんか、

【瑛里華】「まさか、ね」

そう言いながら、じっとしてはいられなかった。

もし孝平だったら──

//Switch back to Kouhei//

【孝平】「瑛里華さんを、もう一度学院に通わせてほしいのですが」

【??】「かまわんよ」

【孝平】「え?」

【??】「ただし、ヤツが眷属を作ればの話だが」

眷属?

瑛里華からも、会長からも聞いたことがない言葉だ。

【孝平】「人間から血を吸わないのが問題だって聞いてたんですが」

【??】「それもあるが、眷属を作ることの方が重要だ」

瑛里華は隠していたのか、屋敷に戻る本当の理由を。

【孝平】「あの、眷属というのはいったい?」

【??】「聞いておらぬのか?」

【孝平】「はい」

【??】「そうか」

//Switch to Erika's POV//

胸騒ぎが止まらない。

もし孝平だったら、

もし孝平があの人に会っていたら!

いつの間にか走り出していた。

裸足の足は、全力疾走には耐えられない。

皮膚が裂ける。

痛い。

だが、気にしてはいられない。

//Switch back to Kouhei//

【??】「……なればわかる」

【孝平】「?」

ふわりと、

御簾が浮いた、

【孝平】「がっっ!」

なんだ?

なんなんだ?

俺の、

腹から、

……。

…………。

腕が生えてる。

【孝平】「ごぽっ……」

喉を熱いものが駆けあがり、口から溢れ出た。

誰かが走って来ている。

誰だろう。

【??】「来たか」

だれ、だ……、

……ろう。

【瑛里華】「っっ!!!」

えり……か……。

【??】「さっさと済ませよ」

【瑛里華】「っっ!!」

【瑛里華】「いやあああぁぁぁっっっ!!!!」

まぶしい。

さっきまで夜だったよな。

何があったんだっけ?

……。

そうだ。

屋敷に行って、瑛里華の母親と話していたんだ。

そして……、

御簾が上がって……、

【孝平】「うあっっ!!」

【孝平】「はぁ……はぁ……」

俺の部屋だった。

寝巻姿の自分は、ベッドで上半身を起こしている。

掛け布団が床に落ちかけていた。

【瑛里華】「孝平……」

傍らには瑛里華が立っていた。

悲しげな視線を俺に送っている。

どうなってるんだ?

瑛里華は屋敷を出ていいのか?

俺はなんでここにいるんだ?

疑問が一気に浮かんでくる。

【孝平】「えーと……何がどうなったんだ?」

【瑛里華】「うん……」

瑛里華が視線を落とす。

【瑛里華】「順に話すから」

と、落ちかけの布団を上げてくれた。

俺は大人しく横になる。

【瑛里華】「どこまで覚えてる?」

【孝平】「瑛里華のお母さんに会って眷属の話をしたな」

【孝平】「眷属って言葉を知らなかったから、聞いたんだ」

【孝平】「そしたら、御簾が動いて……」

そうだ……。

俺、死にそうな目に遭ったよな。

布団の中で、おそるおそる腹部に手をやる。

……痛くない。

【孝平】「俺、怪我しなかったっけ?」

【瑛里華】「したわ」

【孝平】「死にそうだった気がするんだが」

瑛里華がぺたりと床に座る。

【瑛里華】「死にそうだったわ」

【瑛里華】「だから……助けたのよ」

【瑛里華】「……助けたとは言えないか」

どっちなんだ。

【孝平】「ちゃんと説明してくれ」

【瑛里華】「え、ええ……」

【瑛里華】「孝平はあの人に襲われて、大けがをしたの」

【瑛里華】「そのままにしておいたら、確実に死んでしまうほどの」

【瑛里華】「だから、あなたを眷属にして助けたわ」

眷属?

俺を眷属にした?

【孝平】「あの、眷属っていったい?」

【??】「ああ、知らないのであったな」

【??】「……なればわかる」

【孝平】「眷属ってなんなんだ?」

【瑛里華】「吸血鬼みたいなものよ」

【孝平】「……は?」

【瑛里華】「吸血鬼の血を飲んだ人間は、眷属になるの」

【孝平】「いや、あの、ちょっと……」

【瑛里華】「細かいことは後で説明するけど、いまのところは吸血鬼になったと思って」

【孝平】「……」

脳味噌をゆすられたような気分になった。

【瑛里華】「吸血鬼はケガしてもすぐ治るわよね」

【瑛里華】「だから、孝平は死んでいないの」

【孝平】「う、嘘だろ……」

起き上がる。

パジャマのボタンを外す。

腹を見る。

へその上あたりに、拳大の黒ずみがあった。

だがそれだけだ。

【瑛里華】「跡は、1日もすれば消えると思う」

信じられない。

俺はもう、人間じゃないのか。

【瑛里華】「何度も考えたわ……」

【瑛里華】「このまま死なせたほうがいいんじゃないかって」

【瑛里華】「でも結局、こうすることしかできなかった」

【瑛里華】「……ごめんなさい」

あーもー、しっかりしろ俺!

瑛里華がヘコんでるじゃないか!

頬を両手で叩く。

【孝平】「実感はないけど理解した」

俺は大けがをした。

そのままじゃ死んでしまうから、瑛里華が俺を眷属にした。

眷属は吸血鬼みたいなもんで、ケガがすぐ治る。

おかげで死なずに済んだ。

なら、いいじゃないか。

死ぬよりはマシだ。

【孝平】「ありがとう、助けてくれて」

【瑛里華】「お礼なんて言わないで」

【瑛里華】「私は……」

言葉に詰まって瑛里華がうつむく。

額に手を当て、くしゃりと前髪を握る。

何度か見た仕草だ。

【孝平】「いろいろ辛いかもしれないけど、死ぬよりはマシさ」

【孝平】「それに、瑛里華も外に出られるようになったんだろ?」

【瑛里華】「ええ」

【孝平】「良かった」

【瑛里華】「良くないわよ」

【瑛里華】「私はこんなこと望んでなかった」

【瑛里華】「あのまま、屋敷で生きていてもよかったのに」

うめくように言う瑛里華。

【瑛里華】「どうして屋敷に来たのよっ」

【瑛里華】「自分勝手よ、私の気も知らずに」

【孝平】「我慢できなかったんだ、瑛里華がずっと閉じこめられるなんて」

【瑛里華】「私だって嫌だったわ……」

【瑛里華】「でも、孝平を眷属にしたくはなかったから屋敷に戻ったのよ」

【孝平】「初耳だな」

【瑛里華】「言えるわけないわ」

【瑛里華】「そんな話したら、孝平は眷属になるって言いだすでしょ」

【孝平】「ははは、おそらくな」

【瑛里華】「バカっ」

涙目でにらまれた。

【孝平】「ごめんな」

瑛里華の気持ちはわかる。

でも……。

俺たちが付き合い続けるには、結局これしかなかったんじゃないか?

【孝平】「怒ってるか?」

【瑛里華】「怒ってるわ……自分に」

【瑛里華】「孝平をこれだけひどい目に遭わせて」

手を伸ばし瑛里華の髪を撫でる。

【瑛里華】「ごめんなさい、私のせいで」

【孝平】「いいよ……俺は後悔してない」

【孝平】「瑛里華が戻ってきたんだ、それで満足さ」

【瑛里華】「孝平……」

【孝平】「聞きたいことがあるんだけど」

【孝平】「眷属と付き合っちゃいけないっていう決まりとかあるのか?」

【瑛里華】「ないわ、そんなの」

【孝平】「じゃあ、眷属になった俺は嫌いか?」

【瑛里華】「そんなわけないじゃない」

【孝平】「なら安心した」

【孝平】「俺も不老不死なんだろ?」

【瑛里華】「ええ」

【孝平】「なら、ずっと一緒にいられるな」

【瑛里華】「……バカ」

瑛里華が立ち上がる。

そして、ゆっくりと俺を抱きしめた。

【瑛里華】「ほんと、バカなんだから」

相変わらずの柔らかさと、いつもの香り。

やっぱり、瑛里華なしの生活は俺には辛そうだ。

【孝平】「瑛里華、顔見せてくれ」

【瑛里華】「いやよ」

【孝平】「いいから」

瑛里華の体を起こす。

ぽろぽろと涙をこぼしていた。

【孝平】「目が真っ赤だ」

【瑛里華】「見ないでって」

【孝平】「じゃあ、目をつむって」

瑛里華がまぶたを閉じる。

肩を引き寄せ、唇を重ねた。

【瑛里華】「ん……」

【孝平】「瑛里華……」

瑞々しい唇。

頬に触れるかすかな吐息。

その感触に、いま瑛里華がここにいると実感する。

それだけで、無茶してよかったと思えてしまう。

瑛里華の言う通り、俺はバカなのかもしれない。

でも、そのおかげで今があるというのなら──

瑛里華がこの腕の中にいるというのなら──

これから、

永劫に続く人生も、

ずっとバカでいいと思う。