FANDOM


【孝平】「というわけで、毎回、消灯時間前にお茶会はお開きにしたいと思う」

【司】「どういうわけだ」

【孝平】「人の話は聞けよ!」

【かなで】「そうだよ」

【かなで】「こーへーが、花嫁の父にそうしろって言われたのだ! ばばーん!」

【司】「なるほど」

【孝平】「捏造するなっ!!」

【白】「あ、あうぅ……」

白ちゃんは真っ赤になっている。

【陽菜】「でも、やっぱり消灯時間は守った方がいいよね」

【陽菜】「お姉ちゃんも寮長なんだし、ちゃんとしないと」

【瑛里華】「そうねえ」

【孝平】「しかも、風紀委員長なんだろ」

【かなで】「ぶーぶー、わたしだけ責めるなー」

今日もにぎやかなお茶会。

俺から健全なお茶会にしようという提案をしたところだ。

赤いままの白ちゃんが、小さい声で言う。

【白】「あ、あの、支倉先輩」

【白】「兄さまのことはおいておいた方がいいような……」

【孝平】「うーん、そうだな」

【孝平】「まあつまり、生徒会役員とか寮長とかがいるわけだし」

【孝平】「他の生徒に『真似をしました』って言われたときに、申し開きできないことはやめようと」

【司】「ま、孝平がそうしたいならそれでいいさ」

【孝平】「すまん」

【陽菜】「ううん、私たちも孝平くんの部屋で騒ぎ過ぎちゃってたもんね」

【瑛里華】「真似をされて困らないように、という話はもっともだわ」

【瑛里華】「じゃあ、これからはそれでいきましょ」

【かなで】「よーし、じゃあ……」

かなでさんが、グッドアイディアを思いついた! みたいな顔をする。

【かなで】「早起きして、早朝お茶会だ!」

【かなで】「って、消灯時間は決められてるけど、朝早いのはいいのかな?」

【孝平】「知らないで言ってたんですか!」

【かなで】「消灯時間の反対だから……仮に『点灯時間』として」

【かなで】「えりりん、知ってる?」

【瑛里華】「あ、えーと」

【瑛里華】「……ごめんなさい」

風紀委員長に続き、生徒会副会長も撃沈。

【司】「俺は知らんぞ」

【孝平】「期待してない」

【陽菜】「部活で朝練がある人もいるよね」

【陽菜】「早い人だと、7時前には寮を出てるみたいだよ」

【孝平】「そんなに早いのか……」

でも、点灯時間がわかる情報ではない。

【白】「あの……」

【孝平】「白ちゃん、知ってる?」

【白】「ローレル・リングの活動で、早朝から礼拝堂に行くことがあるんです」

【白】「寮監のシスターが、その時におっしゃっていました」

【かなで】「何時なのー?」

【白】「毎朝5時に、シスターが玄関の鍵を開けるそうです」

【司】「すげえな」

【陽菜】「毎朝その時間にシスター天池は起きてるんだ」

【かなで】「じゃあ、早起きのまるちゃんに負けずに、朝5時からお茶会だね!」

【孝平】「健康的すぎます!」

【瑛里華】「ちょ、ちょっと厳しいかも……」

【司】「むしろ苦行だ」

【陽菜】「私も、温かいベッドの方がいいかな」

【孝平】「そもそも、かなでさんは起きられるんですか?」

【かなで】「無理っす」

全員ずっこける。

【かなで】「というわけで、消灯時間にはちゃんとお開きってことでー」

一応、みんな茶化しながらも話を聞いてくれて、そういうことになった。

【孝平】「でも、ローレル・リングってそんなに朝早くから活動してるんだな」

【白】「ええ。礼拝堂から見る朝焼けはとても綺麗でした」

【瑛里華】「そうか、日の出が見えるんだ」

【陽菜】「運動部より早いよね」

【白】「自由参加なんですが、シスターはいつもいらっしゃいます」

【孝平】「何してるんだろ」

【白】「お祈りと、あとはハーブ園のお世話などをしているそうです」

【陽菜】「ハーブ園って、シスター天池が?」

【白】「ええ。何種類か育ててらっしゃいます」

【白】「本当は畑を耕して、神の恵みを実感するために自足するのが理想だと仰っていました」

【白】「シスターはとても敬虔な方なのです」

心から尊敬するように、白ちゃんは言う。

先日は、神社で舞うと言っていた白ちゃん。

その白ちゃんが礼拝堂での奉仕活動もしている。

全然違う宗教に関わっているような気もするけど、きっと白ちゃんの中では矛盾しないのだろう。

【司】「シスター天池が真面目なのは、よく知ってる」

【孝平】「だろうな」

【かなで】「へーじは、目つけられてるもんね」

【司】「説教という名のカウンセリングも受けた」

【瑛里華】「じゃ、このお茶会も目をつけられないようにしなくちゃね」

【孝平】「というわけで、今日はお開き」

【かなで】「次回はしろちゃんとこーへーのあやしい関係についてだよ」

どっと皆が沸く。

そのまま食器を片づけ、解散という流れになった。

ちゃんと消灯時間前。

皆が靴を履いて部屋を出て行く。

……が、白ちゃんだけが残っていた。

【孝平】「どうした?」

【白】「あ、あの……」

まだ顔を赤くしている。

【かなで】「花嫁の父にそうしろって言われたのだ!」

あ。

あれか。

気にしちゃってたんだな。

【孝平】「かなでさんだろ」

【孝平】「あまり気にしなくていいさ。場を盛り上げようとしてああ言っただけだよ」

【白】「そ、そうなんですか……」

ん?

【白】「あ、いえ、いいです」

【白】「それでは、おやすみなさい、支倉先輩」

【孝平】「ああ。おやすみ」

ばたん

……まったく、かなでさんにも困ったものだ。

【孝平】「困った、困った」

もやもやを吹き飛ばすように、ひとりごちた。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.