FANDOM


夜。

俺は大浴場から談話室へと向かっていた。

そのついでに、廊下の窓から中庭を見る。

なんとなく、こうやってケヤキの様子を確認するのが癖になってしまっていた。

相変わらず新芽が生える気配はない。

薄暗いせいか、その佇まいがいつもより寂しげに見えた。

【陽菜】「孝平くん」

【孝平】「おう」

玄関から、陽菜がひょっこりと顔を出す。

【孝平】「今帰ったのか?」

【陽菜】「うん。美化委員の仕事で遅くなっちゃって」

そう言ってから、じっと俺を見る。

ものすごく、見てる。

【孝平】「な、なんだ?」

【陽菜】「……もしかして」

【陽菜】「今から、ケヤキにお願い事するつもりだったのかな?」

【孝平】「なんで俺がっ」

【陽菜】「だって、思いつめた顔でケヤキ見てたから」

【孝平】「いや、あり得ないし」

そう答えると、陽菜は小さく息を吐いた。

【陽菜】「そっか。びっくりした」

【孝平】「俺の方がびっくりだよ」

【陽菜】「あはは、ごめんね」

【陽菜】「孝平くん、そういうのあんまり信じるタイプじゃなさそうだもんね」

俺は深々とうなずいた。

【孝平】「陽菜は信じるタイプか? 言い伝えとかそういうの」

【陽菜】「うーん、私は……」

【陽菜】「完全に信じてるわけじゃないけど、否定はしたくないタイプかな」

【陽菜】「神様にお願いしても、どうにもならないことって確かにあるもの」

意外な返答だった。

【孝平】「実はリアリストなんだな」

【陽菜】「否定してるわけじゃないってば」

【陽菜】「でも、すごくロマンチックな言い伝えだよね」

【陽菜】「鬼に見初められた女の子の魂が、このケヤキに宿って願いを叶えてくれるなんて」

【孝平】「そんな話だったのか?」

【陽菜】「私が聞いたのは、こんな話だったよ」

【孝平】「ふうん」

他にもいろんな説を聞いたけど、この説が一番ロマンチックだ。

しかし、鬼か。

そんなのに見初められたら、実際問題、何かと大変そうだ。

【陽菜】「じゃあ私、部屋戻るね」

【孝平】「ああ。また明日な」

陽菜は手を振ってから、女子フロアへと向かった。

……。

【??】「……じぃ~~~」

【孝平】「?」

ふと、背中に視線を感じた。

【かなで】「じぃ~~~」

振り返ると、柱の影からかなでさんがこっちを見ている。

【孝平】「何やってんですか?」

【かなで】「はっ!?」

【かなで】「な、なんでわたしが見てるってわかったのっ!?」

【孝平】「声に出てるんですよ。じぃ~~~って」

【かなで】「ありゃ、失敗失敗」

かなでさんは、自分のおでこをペチンと叩いた。

【孝平】「相変わらず神出鬼没ですね」

【かなで】「それはこっちの台詞ですー」

【かなで】「わたしの行く先々に、こーへーが待ち構えてるんだよ」

そういう言い方もある。

妙なところでシンクロしているようだ。

【かなで】「それよりキミたち、なかなかいい雰囲気なんじゃないのー?」

【孝平】「はい?」

【かなで】「んもう、いっちょまえにテレちゃってこの子は!」

【孝平】「?」

かなでさんは、肘をグリグリと押しつけてくる。

いったい、なんなんだ。

【孝平】「ところでかなでさんは、どこに行くとこだったんですか?」

【かなで】「私? 談話室だよ」

【孝平】「へえ。奇遇ですね」

【かなで】「えっ? こーへーも談話室に行くんだったの?」

【孝平】「はあ。テレビでも観ようかと」

【かなで】「何観るのっ?」

身を乗り出して聞いてきた。

【孝平】「何って……ニュースとか?」

【かなで】「え~~~」

【かなで】「ニュースはいいから、一緒にドラマ観ようよ」

【かなで】「7時から『どすこい! 横綱刑事』が始まるからさっ」

【孝平】「またヘンなドラマだ」

【かなで】「ヘンとはなによぉー」

【かなで】「『野菜ソムリエ探偵の事件簿』のスピンオフ作品なんだからねっ」

そんなこと自慢されてもな。

俺はあまりドラマ事情に詳しくないから、よくわからない。

【孝平】「正直ぶっちゃけますと、あんまり興味ないんですが」

【かなで】「よし、決まり!」

【かなで】「いざ談話室へ! れっつごー♪」

【孝平】「あっ、ちょっと!」

かなでさんは俺の腕をつかみ、グイグイと引っ張った。

人の話をぜんぜん聞いてないし。

【かなで】「スーツの下に~まわし~を~締めて~♪」

【かなで】「男と~女の~猫だまし~♪」

【孝平】「ぶはっ」

【孝平】「なんですか、そのヘンな歌は」

【かなで】「え? こーへー知らないの?」

【かなで】「横綱刑事の主題歌、『ちょんまげダンディズム』じゃんっ」

【孝平】「知りませんよそんなの」

【かなで】「ひゃー!」

【かなで】「こーへーって、世の中のこと何も知らないんだねえ」

しみじみと同情された。

【かなで】「まーでも、わたしが一話からきちんとストーリーを教えてあげるからさっ」

【かなで】「今日からキミも、横綱刑事マニアだっ!」

【孝平】「いや、別に俺は」

【かなで】「土俵と~いう名の~テリトリ~♪」

……ぜんぜん聞いてないし。

やれやれ、と俺は苦笑した。

かなでさんに会うと、いつもペースを乱されてしまう。

それはそれで、楽しいからいいけど。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.