FANDOM


いつものように始まった、恒例のお茶会。

その途中で、突然かなでさんが立ち上がった。

【かなで】「第一回! 6月は何して遊ぼうか会議~!」

【かなで】「どんどんぱふぱふー! どんどんぱふー!」

【瑛里華】「6月は何して遊ぼうか……会議?」

【かなで】「いえーす!」

【かなで】「6月ってさ、プール開きぐらいしかイベントがないでしょ?」

【かなで】「しかも、祝日もないしつまんないと思わない?」

【かなで】「そこで、寮主催の愉快なイベントを開催したいわけなんです!」

【白】「イベント、ですか」

【陽菜】「土日にやるの?」

【かなで】「うん、そのつもり」

【かなで】「みんなのスケジュールはどう?」

【司】「土日はバイトがけっこう入ってる」

【孝平】「あー、土日は稼ぎ時だもんな」

【かなで】「こーへーは?」

【孝平】「俺は……」

【瑛里華】「生徒会は、文化祭絡みの仕事が入ってくる頃ね」

【瑛里華】「ねえ? 白」

【白】「は、はい」

【孝平】「土日も?」

【白】「その予定です」

なんと。

俺の知らないところで、勝手にスケジュールが決まっていたらしい。

【かなで】「うーんそっかー。残念だなあ」

【かなで】「まあでもさ、アイデアだけでも協力してくれると嬉しいな」

【かなで】「できれば大勢で楽しめるような企画とか」

【瑛里華】「……そうですね」

【瑛里華】「海浜公園の清掃活動なんてどうですか?」

【瑛里華】「公園はキレイになるし、地域のみんなも喜んでくれるし」

【孝平】「それもいいけど、もうちょっとレジャー感がある方がいいんじゃないか?」

【孝平】「清掃活動、ってなると、構えちゃう人もいるだろうし」

【瑛里華】「うーん、やっぱり?」

【瑛里華】「じゃあこの企画は、改めて詰めることにするわ」

【白】「あ、あの」

【白】「修智館学院七不思議めぐりツアーなんてどうでしょう?」

【かなで】「ほう?」

かなでさんの耳が、ピコンと反応する。

【白】「学院に伝わる七不思議の舞台を、みんなでまわるんです」

【白】「夜、ひとりでに鳴る音楽室のグランドピアノとか……」

【白】「勝手に動き回る、理科室の人体模型……とか……」

【白】「……」

白ちゃんの顔色が、だんだん悪くなってきた。

そりゃもう、見てて不安になるほどに。

【白】「や、やっぱり、今の話は忘れてくださいっ」

【かなで】「えっ、けっこうおもしろそうだったのに」

【白】「その、もう少し暑くなってからの方がいいような気がしましたので」

【かなで】「そっかぁ」

【かなで】「そう言われると、確かに夏向きの企画かもしれないね」

【瑛里華】「うーん」

【かなで】「ね、へーじはなんかない?」

【司】「……サバイバルゲームは?」

【司】「寮を舞台に、エアガンで撃ち合うイベント」

【瑛里華】「却下」

副会長は腕を組んだ。

【瑛里華】「もし怪我人が出たらどうするつもり?」

【瑛里華】「器物破損の可能性だって大いにあるわ」

【かなで】「あ、じゃあさ、弾を使わないでやればいいんじゃない?」

名案とばかりに、かなでさんはぱちんと指を鳴らした。

【孝平】「弾を使わないで、どうやってサバイバルゲームするんですか?」

【かなで】「撃つ時は、自分でバキューンとかズゴーンとか言うの」

【かなで】「で、撃たれた人は自己申告」

【孝平】「自分が撃たれたかどうか、どうやったらわかるんでしょう」

【かなで】「それは……」

かなでさんは首を傾げた。

【かなで】「フィーリング?」

なかなか難易度の高いゲームになりそうだ。

【かなで】「でも、よく考えたら人数分のエアガンなんて揃えられないね」

【かなで】「というわけでへーじ、申し訳ないけど却下」

【司】「へい」

司はあっさりと身を引いた。

「じゃあ指鉄砲でやろう」とかかなでさんが言い出さなくてよかった。

……。

【孝平】「あ、みんなでキャンプするってのは?」

【かなで】「どこで?」

【孝平】「そこらへんで」

【孝平】「すぐそこの、池のある公園とかでもいいけど」

【かなで】「人数分のキャンプグッズ、どうやって集める?」

【孝平】「……」

【孝平】「今の話、忘れてください」

【かなで】「いやいや、もちろんわたしもキャンプとかしたいけどさ」

【かなで】「なにぶん、コッチの方が」

そう言いながら、かなでさんは親指と人差し指で円を作った。

すると陽菜が、ぽんと小さく手を叩く。

【陽菜】「ねえ、バーベキュー大会はどうかな?」

みんなの視線が、陽菜に集まった。

【陽菜】「場所は孝平くんの言った通り、池のある公園でもいいし」

【陽菜】「材料は、海岸通りの激安スーパーを使えば安く済むんじゃない?」

【瑛里華】「なるほど、いいかもしれないわね」

【白】「すごく楽しそうです」

【司】「肉があるなら、参加者も多そうだな」

俺もうなずいた。

まさに、休日にぴったりのイベントだ。

参加したい人も多いことだろう。

【かなで】「それだよそれ! それしかないっ!」

【かなで】「でかした! ひなちゃん!」

かなでさんがパチパチと手を叩き、やがて拍手の輪が広がっていく。

陽菜は恥ずかしそうに顔を赤らめた。

【陽菜】「あ、ありがとう」

【陽菜】「でも、そんなに褒められるようなことでも……」

【孝平】「いや、褒められるようなことだって」

【孝平】「きっと寮生たち全員から拍手喝采されるぜ」

【陽菜】「あはは、すごい」

【孝平】「よしよし、でかしたぞ」

俺は、ぽんぽんと陽菜の頭を軽く叩いた。

陽菜は子犬みたいに人なつっこい顔で笑う。

【かなで】「……」

【かなで】「ちょっと、そこの若夫婦」

【かなで】「いちゃつくのは二人きりの時だけにしてくれるかなー?」

【陽菜】「お、お姉ちゃんっ」

【孝平】「……誰が若夫婦ですって?」

【かなで】「そりゃー、誰かさんと誰かさんしかいないでしょ」

ニヤニヤしながらかなでさんは言う。

何をわけのわからないことを。

【かなで】「やだなーもう、図星さされたからって怒らないっ」

【孝平】「はいぃ?」

【かなで】「まあまあまあまあ」

【かなで】「えーっと、バーベキューだとやっぱり主役はお肉だよね?」

【かなで】「あとはお野菜と~、シーフードと~」

【白】「焼きおにぎりもおいしいですよ」

【白】「おにぎり作って、その場でお醤油を垂らして焼くんです」

【かなで】「くっはぁ~っ、最高!」

【陽菜】「だったら、事前におにぎりだけ作っておいた方がいいよね?」

【陽菜】「それなら私も手伝えそう」

【かなで】「おおっ、いいねえ~」

【かなで】「ひなちゃんの作るおにぎりはプロ級だもんねっ」

【孝平】「そうなのか?」

俺が尋ねると、陽菜はぶんぶんと首を振った。

【陽菜】「そ、そんなに大したことないの。お姉ちゃんいつも大げさなんだから」

【かなで】「大げさじゃないよ。ほんとだよ」

【かなで】「ひなちゃんって、すっごく料理上手なんだから」

【孝平】「へえー」

確かに、陽菜は昔から何をやらせても器用だった。

いわゆる「お嫁さんタイプ」というやつなのかもしれない。

【孝平】「俺も、陽菜の作ったおにぎり食いたい」

【陽菜】「……え?」

【孝平】「だってプロ級なんだろ?」

【かなで】「そうとも! 楽しみに待っていてくれたまえ」

なぜかかなでさんが、得意げに胸を張る。

【孝平】「かなでさんは?」

【かなで】「へ?」

【孝平】「かなでさんの料理の腕前は?」

【かなで】「……」

さっきまでの威勢はどこへやら、黙り込んだ。

【孝平】「あれ?」

【陽菜】「お姉ちゃんだって、お料理上手だよ」

【陽菜】「ね?」

【かなで】「そ、そりゃまあ、普通にはできるけどさ」

【かなで】「ひなちゃんに比べたら、その、なんていうか」

【かなで】「……ま、まあいいでしょ、わたしのことは!」

かなでさんは豪快に笑い、みんなの顔を見た。

【かなで】「とりあえずバーベキュー大会ってことで、細かいこと進めとくね!」

【瑛里華】「協力できることがあれば、いつでも言ってくださいね」

【白】「わたしもお手伝いします」

【かなで】「うんうん、ありがとう」

そう言って、ウインクをする。

なんだか強引に話を逸らされたような気もするが、まあいいか。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.