FANDOM


夜9時。

ようやく宿題も一段落した。

寝るにはまだ早い時間だ。

俺はベッドに寝そべり、そこらへんにあった雑誌を手に取る。

……と、ベランダから物音が聞こえた。

起き上がって、ベランダの窓を開ける。

【かなで】「ちぃーっす」

かなでさんが、非常用はしごで下りてくるところだった。

【孝平】「こんばんは」

【孝平】「……で、何してんですか?」

【かなで】「うん」

【かなで】「こーへーに、ちょっと大事な用があってさ」

大事な用?

なんだろう。

疑問に思っていると、かなでさんははしごを下りて部屋に入ってきた。

【かなで】「まあ、座りたまえよ」

【孝平】「はあ」

言われるまま、かなでさんの向かい側に腰を下ろす。

いったい、どうしたんだ。

【かなで】「いやー、今日は暑いね」

【孝平】「そんな前置きはいいんで、本題に入ってくださいよ」

【かなで】「んもう、せっかちだなぁ」

【かなで】「実は、この件なんだけどね」

そう言いながら、かなでさんは持参したビニール袋から何かを取り出した。

カップラーメンだった。

鮭の絵が描いてある、あまり見かけないタイプのものが二つ。

【孝平】「これが何か?」

【かなで】「見ての通り、石狩ラーメンです」

【かなで】「小腹が減ったので、一緒に食べようかなと思って」

【孝平】「もしかして、それが大事な用?」

【かなで】「そうだよ」

【孝平】「……」

眉間に皺を寄せると、かなでさんは唇を尖らせた。

【かなで】「だって、小腹が減っちゃったんだよ?」

【かなで】「そんなの緊急事態じゃない」

【孝平】「俺は減ってませんが」

【かなで】「減るって、絶対。賭けてもいいね」

【かなで】「このラーメンの匂いを嗅いだら、お腹の虫がよさこいダンスを踊り出すから!」

熱弁された。

そこまでうまいのか、この石狩ラーメンってヤツは。

【孝平】「だいたい、これどっから仕入れてきたんですか?」

【かなで】「それは秘密だよ」

【かなで】「まあ、国家絡みのルートとだけ言っておこうかな」

ぴらりっ。

ビニール袋から小さな紙が落ち、拾い上げる。

【孝平】「珠津ストア、428円」

【孝平】「ああ、そういえば物産品フェアやってますよね」

【かなで】「あ!」

かなでさんは身を乗り出し、俺からレシートを取り上げた。

【かなで】「国家機密だって言ってるのに!」

どこがだ。

【孝平】「今、お湯沸かしますから」

【かなで】「ありがと♪」

満面の笑顔。

俺は電気ポットに水を入れて、スイッチを押した。

お茶会用のティーコーナーからフォークを二本取り出す。

【孝平】「でも、ほんとに俺が食っちゃってもいいんですか?」

【孝平】「国家絡みのルートでしか手に入れられない、貴重な品なのに」

【かなで】「いーのいーの。一人で食べたっておいしくないし」

【孝平】「じゃあ、今度は俺が何かごちそうしますよ」

【かなで】「そんなこと気にしなくていいってば」

【かなで】「あ、お湯沸いた!」

かなでさんは立ち上がり、意気揚々とカップラーメンにお湯を注いでいく。

味噌のいい匂いが、周囲に漂った。

【孝平】「わ、マジで腹減ってきた」

【かなで】「ほら、わたしの言った通りでしょ?」

鬼の首を取ったかのような口調だ。

ちょっと悔しい。

【かなで】「あと2分です」

【かなで】「やわらかめが好きな人は、さらに延長1分でーす」

【孝平】「俺はやわらか派です」

【かなで】「おおっ、奇遇だね。わたしもだよ」

【かなで】「さて、ラーメンができるのを待っている間に……」

かなでさんは、ビニール袋から四角いものを取り出した。

保存ケースに入れられたバターらしきものだ。

それと、キムチ。

【かなで】「このセットをトッピングしていきたいと思いまーす」

【かなで】「題して、ピリ辛石狩バターラーメン♪」

【孝平】「おおお」

まさか、そんな隠し球があったとは。

【孝平】「かなでさん、何気にカップラーメン通?」

【かなで】「通ってほどじゃないよ」

【かなで】「一人分の食事作るのが面倒な時、たまに作ってたんだ」

【かなで】「でも普通に作るんじゃつまんないから、よくトッピングの研究してたの」

【孝平】「ふうん……」

それは、俺にも身に覚えのある話だった。

親が留守がちだったので、作るのが面倒な時はだいたいカップラーメン。

バターを入れたり、牛乳を加えてみたりと、あれこれアレンジしたくなるのだ。

……てことは。

かなでさんも、実家にいる時は一人で食事することが多かったのだろうか?

【かなで】「はい、お時間です」

【かなで】「フタを開けて、大胆にトッピングしちゃってください」

【孝平】「うぃーす」

勧められるまま、バターとキムチを投入していく。

何気に、かなりうまそうだ。

【かなで】「いっただっきまーす」

【孝平】「いただきます」

ずずずずずっ。

【孝平】「おおっ?」

【孝平】「なんかうまいんですけど」

石狩フレーバーの中に、ピリリとした辛み。

バターの風味がコクを引き出している。

【かなで】「うーん、大成功!」

かなでさんは満足げだ。

【かなで】「どう? わたしの手料理、まんざらでもないでしょ?」

【孝平】「……手料理?」

俺は首を傾げた。

【孝平】「バターとキムチを入れただけにしか見えませんでしたけど」

【かなで】「だってしかたないよ。キッチンないんだもん」

【かなで】「限られた設備でここまでのものができるってことを、知ってほしかったの」

【孝平】「はあ」

わかったような、わからないような。

【かなで】「ねえ、偉い?」

【孝平】「はい?」

【かなで】「もう、偉いかどーか聞いてるの」

【孝平】「まあ……どちらかといえば、偉いんじゃないですかね」

【かなで】「あはっ、そう?」

【かなで】「じゃあ、ご褒美お願いしまーす♪」

かなでさんは嬉々として、俺に頭を向けた。

……。

これは。

頭を撫でてくれ、という解釈でいいのか?

【孝平】「よ、よしよし」

【孝平】「よくできました」

【かなで】「ふっふふ~っ」

頭を撫でると、まるで子供のように笑う。

俺より先輩なのに、ぜんぜん先輩っぽくない。

むしろ、妹みたいだ。

【かなで】「やっぱさ、カップラーメンは一人より二人で食べた方がおいしいね!」

【孝平】「ですね」

それから俺たちは、「うまい」を連呼しながらカップラーメンを完食した。

一人より、二人で。

その言葉をしみじみと噛み締めながら。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.