FANDOM


学食から教室に戻り、自分の席に着く。

I return from the cafeteria and fall onto my chair.

五時間目は英語だ。

Fifth period is English.

俺は机の中から教科書とノートを取り出した。

I take a notebook from my desk.

【陽菜】「孝平くん」

Haruna : Kouhei-kun.

【孝平】「ん?」

Kouhei : What?

【陽菜】「ごめん、ちょっとだけ辞書見せてもらえないかな?」

Haruna : Excuse me. Could I borrow your dictionary?

【陽菜】「持ってきたつもりだったのに、忘れてきちゃったみたい」

Haruna : I forgot to bring mine today.

【孝平】「いいよ」

Kouhei : No problem.

辞書を取り出し、陽菜に手渡す。

Dictionary... Dictionary...

陽菜は辞書を受け取りながら、まじまじと俺の手を見た。

As I pass it to her, she stares at my hand.

【陽菜】「孝平くんの手、ガサガサだね」

Haruna : Kouhei-kun, you hands are worn.

【陽菜】「洗剤か何か触った?」

Haruna : Was it some kind of detergents?

【孝平】「洗剤……」

Kouhei : ...Detergents?

思い当たるとすれば、昨夜の風呂掃除。

Perhaps it was last night...

浴槽に始まり、排水溝や壁や天井まで徹底的に磨き上げた。

I was polishing the bathhouse everywhere. The drain, the wall, the ceiling...

【孝平】「そういえば、漂白剤使ったかも」

Kouhei : Must be the bleach.

【陽菜】「ゴム手袋した?」

Haruna : Didn't you wear rubber gloves?

【孝平】「しない」

Kouhei : Nope.

【陽菜】「ダメだよ、肌によくないんだから」

Haruna : That's not good. It's bad for your skin.

陽菜はお姉さんみたいな口調で言ってから、ポーチを取り出した。

Haruna rebukes me with a big sister's tone.

そして、チューブのようなものを俺に渡す。

She brings something from her pouch.

【陽菜】「これ、よかったら使って」

Haruna : Here.

【孝平】「何これ」

Kouhei : What's this?

【陽菜】「ハンドクリームだよ」

Haruna : It's a lotion. //do you think "hand cream" sounds better? somehow i think it does.//

パッケージに桃のイラストが描いてある。

There's a picture of peach on the lotion tube.

蓋を開けると、甘い匂いが漂った。

I can smell a sweet scent from it.

【孝平】「おいしそうな匂いだな」

Kouhei : Smells delicious.

【陽菜】「でしょ? 最近のお気に入りなの」

Haruna : You think so? I like using this lately.

【陽菜】「あとはこんなのもあるよ」

Haruna : I have these too.

続けて、ポーチから二つのチューブが出てくる。

She brings out another two.

【陽菜】「こっちがイチゴで、こっちがラベンダーね」

Haruna : This one is strawberry. And this one is lavender.

【陽菜】「どれでも好きなのをどうぞ」

Haruna : Please pick the one you like.

【孝平】「コレクター?」

Kouhei : Are you collecting these?

【陽菜】「気分によって使い分けてるの」

Haruna : So that I can use them according to my feeling.

【陽菜】「ちなみに今日の気分は、ピーチの匂い」

Haruna : And, well, today I feel like using peach.

陽菜はにっこりと笑う。

She smiles with joy.

俺は3つのハンドクリームを机に並べた。

There are three of them lining up on my desk.

さて、今日の気分は?

Let's see. Which one do I want to use today?

……わからねえ。

......I don't really know.

【孝平】「確か副会長も、こういうの好きだったよな」

Kouhei : I think Vice President like this sort of things too.

【陽菜】「うん」

Haruna : Yeah.

【陽菜】「千堂さんとは、香りの好みが似てるの」

Haruna : Sendou-san too.

香りモノって、いかにも女の子の趣味って感じがする。

Girls really are interested in this perfume-like stuff.

男には、気分によって香りを使い分ける習慣はあまりない。

Boys don't usually have that kind of habit.

少なくとも俺の周りにはいないはずだ。

Al least not someone I know.

俺にとって一番身近なアロマといえば、トニックシャンプーの匂いぐらいか。

The closest thing to a perfume that I've ever had is my shampoo.

【陽菜】「ホントはアロマオイルを集めたいんだけど、ちょっと高いんだよね」

Haruna : Actually I want to collect aroma oils, but they're a little too expensive.

【孝平】「高いって、どれくらい?」

Kouhei : How expensive?

【陽菜】「うーん、ものにもよるんだけど……」

Haruna : Hmm. It depends on the type......

【陽菜】「ダマスクローズのアロマオイルは、2ミリリットルで1万円とか」

Haruna : If it's Damask rose oil, just two mL could cost ten thousand yen.

【孝平】「たかっ」

Kouhei : Wah. //たか as in 高い, but he's so shocked he couldn't finish it//

2ミリリットルなんて、スポイトでひと吸いできる量だ。

That's just a quantity of a small syringe.

なんてセレブな趣味なんだろう。

Looks like a hobby for rich people.

【陽菜】「あ、そういうのばっかりじゃないよ?」

Haruna : Ah, not everything is like that.

【陽菜】「ラベンダーやミントなんかは、数百円ぐらいで買えるし」

Haruna : If it's lavender or mint, it's just several hundred.

【孝平】「そりゃまたえらい差だな」

Kouhei : That's a big difference.

【陽菜】「ね」

Haruna : Right?

【陽菜】「今は、オイルじゃなくてこういう小さなものを集めてるの」

Haruna : But for now, I'm collecting these.

そう言って、陽菜はポーチからまた何かを取り出した。

She gets some more things out of her pouch.

リップクリームと歯磨き粉だ。

Lip balms and toothpastes.

【陽菜】「このピーチはね、シリーズでいろいろ出てるんだ」

Haruna : These are peach. There are many series coming out. //no idea about this line. could this 出る means coming out for sale?//

【孝平】「ふうん」

Kouhei : Hmm.

【陽菜】「使ってみる?」

Haruna : Wanna give it a try?

【孝平】「……えっ」

Kouhei : Well......

固まる俺。

I become stiff. //he's afraid of indirect kiss//

使ってもいいのか?

Should I really use these?

特に、リップクリーム。

Especially, the lip balm.

【孝平】「じゃあ、遠慮なく」

Kouhei : OK then, I won't hold back.

【陽菜】「どうぞどうぞ」

Haruna : Feel free. Feel free.

リップクリームを取ろうとする俺に、ハンドクリームを手渡す陽菜。

Though I'm thinking of using it, I take the lotion from her instead.

【孝平】「……そういうことか」

Kouhei : ......I got it. //? そういうことか = I see, I know, i don't think it makes much sense tho//

【陽菜】「?」

Haruna : ?

【孝平】「いや、なんでもない」

Kouhei : Ah, nothing.

俺はスマイルを作りながら、ハンドクリームを塗った。

I smile at Haruna and coat the lotion over my hand.

陽菜のお気に入りだけあって、いい匂いだ。

As expected from Haruna's favorite, this smells good.

【陽菜】「ふふ、おそろいだね」

Haruna : Haha, now we're matching each other. //she means they're using the same one//

【孝平】「……」

Kouhei : ......

おそろいの香り。

We're matching each other?

なんだかくすぐったいような、照れくさいような。

That's somewhat embarrassing.

でも、決して悪い気分ではない。

But it's not bad at all.

などと浸っていると、

I keep on applying it on my hand.

【司】「それ、ハンドクリーム?」

Tsukasa : Is that a lotion?

【陽菜】「うん」

Haruna : Yeah.

【司】「俺にも貸してくれ」

Tsukasa : Let me borrow it.

【孝平】「あっ」

Kouhei : Go on.

司は、机の上にあったハンドクリームを手に取った。

Tsukasa takes it from my desk and put it on his hands.

【陽菜】「八幡平くんの手もガサガサだね」

Haruna : Hachimandaira-kun's hands are worn too.

【司】「バイトで水仕事あるから」

It's from all the cleaning at my part-time job.

【司】「うわ、すげえ甘い匂い」

Tsukasa : Wow, this really smells sweet.

よりによってピーチを選びやがった。

Damn, he just chose peach of all things.

【孝平】「……おそろいだな」

Kouhei : ......Now we're matching each other.

【司】「あ?」

Tsukasa : Huh?

俺は、ぷいっと窓の外を向いた。

I immediately look out the window.

甘い香りが、妙に目に染みた。

Strangely, this sweet smell is getting into my eyes. //he feel depressed that's it's not just him and Haruna anymore?//

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.